胸の形が左右違う理由について

ナイトブラ

 

顔を左右反転させると、ほとんどの人が左右対称でないことに気付きます。

 

それは顔のパーツだけでなく、体のあらゆる部分においてもいえることであり、胸の形が左右で違うこともその一種です。

 

これはごく自然なことであり、必要以上に心配しなくても良いですが、どうしても見た目が気になるのであれば改善することに努めましょう。

 

そのためには、なぜ胸の形が左右対称でなくなるのかを知り、それに適した対策を行っていくのが大切です。

 

一番の理由は日々の生活における癖です。

 

たとえば、ショルダーバッグを無意識の内にどちらか片方だけに掛けていたり、いつも同じ方を下にして寝る癖があったりなど、体のどちらかに多く負荷がかかることによって、それが胸の形に影響しています。

 

この生活を日々続けていると、筋肉が偏って付いてしまったり、骨盤をはじめとする骨格のズレが生じたりする原因となり、それはやがて胸を左右で違う形に形成することに繋がります。

 

したがって、改善させようと思うのであれば、まずは自分の利き腕や癖などに注目し、体にバランス良く負荷をかけることを意識しましょう。

 

その上で、自宅でできる骨盤の歪みを矯正するストレッチや、筋肉をバランス良く付ける運動などを実施すると効果的です。もちろん、常に左右の胸を観察しながら、微妙に調整することも忘れてはなりません。

 

また就寝中ノーブラの人はナイトブラを着けることで左右綺麗なおわん型に形状記憶させることもできます。

 

原因の中には、単なる癖や骨格の歪みなどと同じような扱いができないものもあります。

 

その代表的なものが乳ガンであり、他の原因のように決して看過することはできません。

 

乳ガンが発生すると、それが存在する乳房の方が不自然な見た目になるので、左右対称でないことは一目で判明します。

 

ただ、見た目が不自然であることに気づく時点では進行していることが多いので、できるだけ小さなしこりの時点で発見できるように努めましょう。

 

自分で気が付きにくい場合には、パートナーに観察してもらうことも効果的です。必ずしも改善させるようなことではありませんが、違和感や不自然さには気付けるようにしておきましょう。