ナイトブラは就寝時につけることでバストの形が良くなり、大きさも増すというナイトブラは今大注目のアイテム

ナイトブラ

 

でも、なぜナイトブラをつけることで胸が大きくなるのかご存知でしょうか。

 

別に昼間と同じブラジャーをつければいいんじゃない?と思う人もいるかもしれませんが、ナイトブラと昼間のブラの違いはその構造です。

 

昼間は私たちは基本的に起きて生活をしているので、昼間つけているブラジャーは縦の動きに対してバストを包み込む形状で作られています。

 

一方、私たちは就寝時は横になるため、ナイトブラは横になった時の姿勢の時に胸を包み込む構造で作られています。また、締め付けは体に良くないため、昼間つけているブラジャーに比べると締め付け感は少なく、ワイヤーを使用して形を矯正するようなことはしません。

 

昼間は縦の動きということに対して、夜は横の動きをサポートする構造ということはわかりましたが、なぜそれで胸が大きくなるのかというと、バストの9割は脂肪からできているからです。

 

そしてクーパー靭帯がバストを支えているのですが、クーパー靭帯はコラーゲンの集合体で年と共にその働きは衰え、バストが垂れやすくなります。

 

また、クーパー靭帯の働きが弱まるとバストの脂肪が背中やワキに流れ、太ましい体型になってしまう傾向にありますが、ナイトブラをつけることで横になった時もバストの脂肪がワキや背中に流れることなく、逆にワキや背中から持ってきたお肉がブラジャーに納まることで自分はバストの一部だと勘違いしてメリハリあるボディへと変貌するのです。

 

私たちは就寝時、何度も寝返りをうち、想像以上に動いています。無防備な状態で寝ていると、寝返りをうつたびにバストの脂肪も右へ左へと流れ、うつぶせになればつぶれた状態となりクーパー靭帯への負担も大きくなるため、クーパー靭帯の働きを守る意味でもナイトブラは有効な働きをしてくれます。

 

バストの発達には成長ホルモンが大きく起因していて、その成長ホルモンの働きは夜中10時〜2時がゴールデンタイムといわれており、乳腺の発達が最も活発な時間にバストを良い状態にキープしておく事がバストアップにはカギとなるためナイトブラは重要な働きを担っているのです。

 

>>ナイトブラ実力ランキングはこちら