妊娠時の下着の選び方

ナイトブラ

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長に伴って、お腹やバストの大きさも変わっていきます。

 

そのため、その時々の状況に合わせた下着選びが必要となってきます。

 

ここでは、妊娠時の下着の選び方について、紹介します。

 

2〜4か月目

妊娠初期にあたる2〜4か月目の時期は、体調の変化に敏感な時期でもあります。つわりで大変な思いをする時期でもあり、この時期は下着のちょっとした締め付けも不快に感じてしまうことがあります。

 

そのため、身に着ける下着は、締め付け感が少なくしたゆったりとしたマタニティ専用のものを選ぶのが良いでしょう。

 

おすすめは、ハーフトップのブラとショーツです。体調が悪い時でも、リラックスに近い状態で身に着けることができます。

 

5〜7か月目

安定期にあたる5〜7か月目の時期は、少しずつお腹が大きくなり始める時期です。
これまで着用していた下着に加え、お腹を冷やさないように腹帯やささえ帯を着用するのも良いでしょう。

 

8〜10か月目

8ヵ月になったら、少しずつ入院の準備を始めましょう。産褥ショーツやニッパーが必要となります。中には腰の痛みが強くなる妊婦さんもいるので、その場合は骨盤をサポートするための骨盤ベルトを着用するのもおすすめです。

 

以上が、妊娠中におすすめの下着の種類になります。また、ブラジャーの選び方についてですが、妊娠すると、従来に比べてバストが2カップ以上アップする人もいます。

 

そのため、マタニティ用のブラジャーを選ぶ際には、通常よりも1〜2カップサイズが大きく、アンダーも5センチ程大き目のサイズを選ぶと良いでしょう。

 

ハーフトップやノンワイヤーの場合は、妊娠前と同じサイズで問題ありません。また、ショーツに関しても、マタニティ専用のものであれば妊娠前のサイズと同じもので良いでしょう。

 

マタニティショーツはお腹回りにゆとりがあるのが特徴で、大きくなるお腹でも安心して着用することができます。

 

また、出産を機にバストが下垂してしまう人が多く、その後のリカバリーに悩まされます。

 

そこでおすすめなのが、妊娠時も着けることができるナイトブラです。ものによっては、妊娠時もOKなものもあり、ほどよいホールド感で妊娠中でも楽に着用することができるのでマタニティブラの代用として使っている人も多いです。

 

人気のナイトブラははこちらのページでご紹介しています。