寝るときにブラジャーを着けることはよくない

ナイトブラ

寝るときは寝返りを打ったりうつ伏せになったりと、起きてるときにはしない動きをしてしまうので、ブラジャーに無理な負荷がかかります。

 

特にワイヤーが歪む事が多く、すぐに使えなくなってしまいます。

 

ブラジャーは体が垂直の状態で着けることを前提にしているので、寝るときにブラジャーを着けていると、締め付けによってリンパの流れや血行が悪くなります。血行を妨げると胸を大きくするのには良くありません。ワイヤーが窮屈で起きてしまったり、皮膚に黒ずみが出来る可能性もあります。

 

ブラジャーの使用時間が長くなる程、乳癌になるリスクが増えてしまうと言う研究結果もあります。

 

一般的には1日12時間以上着けている人は乳癌の発生確率が上がるそうです。なぜかと言うと、胸には沢山のリンパ線があり、ブラジャーの締め付けによってリンパの流れが悪くなります。

 

そうすると、毒素や老廃物が溜まりやすい状態を作ってしまうので、乳癌になる可能性が上がると言う事です。

 

胸の形をきれいに保つためにも寝るときにブラジャーを着けたい気持ちもわかりますが、夜は外すようにしましょう。

寝るときは、寝るときに着けるために開発されたナイトブラがおすすめ

ブラジャーの締め付けを気にして着けずに寝ていると、乳腺組織を支えているクーパー靭帯が切れたり伸びたりしてしまいます。

 

クーパー靭帯とは、乳腺を皮膚や筋肉につなぎとめている、コラーゲン繊維組織の束です。それが原因で胸の形が崩れ、垂れてしまいます。胸は一度垂れてしまったら、元の位置に戻すのはなかなか難しいです。

 

そこでおすすめなのが寝るときに着けるナイトブラです。ナイトブラは寝ている間の胸の垂れや横流れを防いでくれます。胸の脂肪は流れやすい反面、形状記憶する性質もあると言われているので、ナイトブラを着けていると、徐々に綺麗な形に整っていく効果が期待できます。

 

ナイトブラは背中のフックが付いていません。ワイヤーが入っていないので、窮屈さを感じる事もなく快適に眠れます。

 

肌に密着している分温かいので、冷え性の方にもおすすめです。胸が温かくなると血行が良くなり、女性ホルモンの分泌が盛んになる事でサイズアップも期待出来ます。
いろいろなデザインあり、通販でも購入出来るので自分に合ったサイズの物を選びましょう。

 

>>オススメのナイトブラはこちら