バストの形を良くするにはどうしたら良い?

ナイトブラ

 

バストのお肉はとても柔らかいので、やり方次第では理想的な形に整えることも夢ではありません。簡単ですぐにでも始められる方法なら毎日できて長く続けやすいので、形の良いバストをキープして憧れのスタイルを手に入れましょう。

 

柔らかなバストは、大胸筋という筋肉で支えられています。

 

家を建てる時もそうですが、土台がしっかりしていないと上に乗っている建物は、ちょっとした衝撃で崩れてしまいます。

 

大胸筋はバストの土台なので、この筋肉を鍛えることはとても大切です。

 

ムキムキの体になることが目的ではないので、ハードな筋トレをする必要はありません。

 

ちょっとした合間にできる方法で大胸筋が鍛えられるので、時間が開いた時や寝る前などに試してみましょう。

 

一番簡単にできるのは、膝を床につけたまま行う腕立て伏せです。普通の腕立て伏せよりも腕に負担がかからないので、筋トレをほとんどしない人も始めやすい運動です。

 

バストの形を良くするためには、寝ている間もムダにはできません。

 

睡眠中には寝返りを打ちますが、柔らかいバストのお肉は移動しやすいので、背中やわき腹などつかなくてもいい場所に流れていってしまいます。昼間つけているブラを寝ている時にしているとリラックスできない、という理由から寝る時はブラを外してしまう人も多いのですが、体を締め付けないナイトブラなら、寝ている間もバストをしっかり支えてくれます。

 

ナイトブラは立体構造になっているので、ワイヤーを使わなくても形をきれいに整える効果があります。

 

>>ナイトブラ人気ランキングはこちら

 

収縮性のある生地を使っているため適度なホールド力があり、とても動きやすいので寝ている間につけていてもストレスを感じさせません。

 

ボリュームアップを目指したい場合には、マッサージをしてみましょう。

肌を擦らないようにオイルやクリームを利用して、両脇にあるリンパを刺激した後、バストを持ち上げて円を描くようにマッサージをします。乳腺を刺激することを意識してマッサージをすると、ボリュームアップ効果が高まります。

 

そしてマッサージついでに、ツボを押すのも効果的です。両胸にある「神封」は、ホルモンの分泌を活性化させるツボなので、大きくしたい時に押してみましょう。

 

場所は胸の谷間にある骨が凹んでいる部分の外側にあるので、谷間から外側に向かってやさしく押していきます。

 

バストのハリや柔らかを出すには、食べ物も大事です。

イソフラボンがたっぷり含まれている、納豆や豆腐、豆乳といった大豆食品を多く食べてみましょう。他にはヤマイモやゴマなども、ホルモンに働きかける成分が含まれています。