ノンワイヤーブラのメリットデメリット

ナイトブラ

 

ノンワイヤーブラは、現在年齢に関係なく広く使用されていますが、メリットとデメリットがありますので注意も必要となります。

 

ブラは基本、自分のバストにあうものを使用することが大切ですが、ワイヤーの入っているブラを使い続けると、締め付け感があったり痛くなったりすることもあります。

 

そこでノンワイヤーブラの出番となりますが、メリットは締め付けないこと、体にも負担をかけないことになります。

 

また、伸縮性に優れており使い勝手がよく体もリラックスができますので、どんな場面にでも使用できますし、最近ではナイトブラも人気があります。

 

>>人気のナイトブラはこちら

 

反面、ノンワイヤーブラのデメリットは、胸が垂れてしまうということがあげられます。

 

胸を支えるものがないために、ノーブラでいるときと同じ様子になってしまうとよく言われています。また、胸のシルエットをワイヤー入りほど綺麗に見せられないとも言われています。ですが、最近では各メーカもよく研究開発されていますので、胸を優しく支えて谷間も作れるノンワイヤーブラもたくさん販売されています。

 

しかし、ワイヤー入りのブラでも、サイズがあっていなければ結局垂れてしまう場合もありますので注意が必要となります。

 

そのため、ワイヤーブラでもノンワイヤーブラでも、サイズをなるべく合わせて使い分けることも大切だと考えられます。

 

お出かけをする日はワイヤーブラを、家にいる日はノンワイヤーブラを使用するといった使いかたもおすすめです。バストの形をなるべく綺麗に保ち、体に負担をかけない方法を考えていきましょう。ノンワイヤーブラも質のいい商品がたくさんありますので、一つ一つ比較検討して試してみることもおすすめとなります。